一般事業主行動計画(案)


 職員が仕事と子育てを両立させることが出来る働きやすい職場環境を整備することによって、職員一人ひとりが自らの能力を十分に発揮出来る企業を目指して、次のように次世代育成支援に係る行動計画を策定します。

 

 1.計画期間:平成27年 4月 1日〜平成32年 3月31日の5年間

 2.内  容

  〈目標〉 育児・介護休業法に基づく育児休業や時間外労働の制限、雇用保険法に
       基づく育児休業給付、労働基準法に基づく産前産後休業などの諸制度の
       周知を行うと共に職員が働きやすい環境等整備をする。

  〈対策〉
   @ 職員全員に育児休業制度を周知徹底(就業規則の解説等)する。
   A 妊娠した職員対し、厚労省雇用均等室作成のパンフレット「働きながらお母
     さんになるあなたへ」を配布する。
   B 育児休業中職員の代替要員の確保し、その業務内容を検討する。
   C 育児休業中の職員が復帰し易いための情報提供等を実施する
   D 職員の希望に沿うような短時間勤務制度の利用を促進する。
   E 子育て目的の父親の休暇取得を促進する。
   F 妊娠中や産休、育児休暇復帰後の女性職員のための相談窓口を設置する。


平成27年 4月 1日

社会福祉法人穂燈舎
理事長 宮崎薫朗